2010年04月15日

詩的なワルツ集  Valses Poeticos

久々にピアノのための素敵な1曲をご紹介します。


piano.jpg
 



今年の私のコンサートでメインプログラムとして取り上げている
グラナドスの「詩的なワルツ集」です。
エンリケ・グラナドス(1867-1916)は、アルベニス、
ファリャ、トゥリーナとともに、スペイン国民楽派を代表する
人物として知られています。23歳の時、バルセロナでのデビュー
・コンサートを皮切りに、ピアニストとしても華々しい活躍を
し、作曲家としても確固たる地位を築きました。

「詩的なワルツ集」は、初期の頃の傑作で、夢見るロマンティ
ストであったグラナドスがこよなく愛した、ショパンやシュ
ーマンなどの作品の影響を受けています。

曲はリズミックな序奏に続き、短いワルツ風の変奏が繰り広げ
られますが、それぞれに「情熱的なワルツ」、「ユーモラスなワルツ」、
「華麗なワルツ」、「センティメンタルなワルツ」etc..と性格の
異なるワルツが7つ。どれもが詩的な表情溢れる美しい作品ばかり
です。

ギター編曲でも演奏されるため、ギター愛好家にはこの曲の
ファンが根強いようです。確かに、この詩的な色合いをもつ
グラナドスの作品は、美しい音色で歌うことが出来るギター
にぴったりですが、早いテンポの部分はギターでは演奏が
難しいため、省かれることが多くなります。

オリジナルのピアノでは、「軽やかさ」「優美さ」「なめら
かさ」そして、「華やかさ」を歌い上げることができるので、
私はこの曲の魅力を最大限に引き出して演奏したいと
思っています。


  Granados.jpg
 

 
◇ 詩的なワルツ集  Enrique Granados 作曲 ◇
  Valses Poeticos (1887)
  友人の名ピアニスト、ホアキン・マラッツに献呈
 
楽譜情報ピアノソロ 

      granados01.jpg

      U.M.E ー 詩的なワルツ集(1910年初版)
      Boileau ー ラローチャ監修のグラナドス全集より16巻
      I.M.C − 詩的なワルツ集
      Masters Music − 詩的なワルツ集 
      Salabert ーザ・ベスト・オブ・グラナドス19小品集
                     /詩的なワルツ集
    granados02.jpg
      全音ピアノライブラリー(¥1.260)

以上、外版もたくさんでていますが、国内で購入するなら楽譜校訂、解説付の全音がお薦めです。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
    
CDs:
   
 granados03.jpg  
コンドン・コレクション4~作曲家編 
エンリケ・グラナドス/マヌエル・デ・ファリャ
 

   グラナドス自身が演奏した録音(ピアノ・ロール式録音)に、この「詩的ワルツ集」も素晴らしい演奏で残されています。当時の香り高いグラナドスの演奏、そしてファリャの歴史的演奏が聴ける貴重な1枚です。

 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

granados04.jpg
グラナドス:スペイン舞曲集
    アリシア.デ.ラローチャ演奏のCDアルバムに収録されています。


posted by YOKO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35122303
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック